看護部長あいさつ

・安全で笑顔あふれる看護を提供します。

DSC_0635 (1).jpg
 当院は温暖な気候を誇る静岡県中央部大井川中流域に位置する公立基幹病院で、市内にある唯一の病院として圏域の救急車の96%を受け入れる『地域になくてはならない病院』です。医療現場は、医療の高度化・複雑化・患者の高齢化・家族力の低下・人員不足等多くの課題を抱えていますが、組織一丸となって頑張っています。現在、4年後の新病院への新築移転をめざし準備を進めています。

 看護部は、職員がやりがいを持ち看護が続けられるよう、きめ細かな新人教育プログラム・自らキャリア開発に取り組むことができるキャリアラダーシステム・働き続けることができる12時間勤務の2交代制の導入・夜勤者対応の保育園など、働く職員一人ひとりを大切にサポートしています。

 今年度は、現場の声を大切に支えあう働きやすい職場づくりをめざし、働き方改革を更に推進します。またチーム医療の一員として、職員間でのコミュニケーション力(聴く力・質問する力・承認する力・フィードバックする力)を高め、地域の皆様に、安全で笑顔あふれる看護を行っていきます。
 皆様のご意見・ご指導をどうぞよろしくお願いします。

看護部長 大石初巳