HOME > 臨床研修情報 > 研修科の紹介 > 小児科の研修

小児科の研修

研修概要

■診療内容について

  • 1) 肺炎、喘息、胃腸炎、川崎病、髄膜炎、菌血症、尿路感染症など、小児急性疾患の診療
  • 2) 熱性痙攣、てんかん、脳性麻痺(ボイタ法訓練)、発達障害など、小児精神神経疾患の診療
  • 3) 低身長に対する成長ホルモン補充療法、甲状腺疾患など、小児内分泌疾患の診療
  • 4) 小児心疾患、腎疾患などの診療
  • 5) 気管支喘息など小児アレルギー疾患の長期管理
  • 6) 未熟児、新生児の診療(IRDS、仮死などの呼吸障害にも対応)
  • 7) 予防接種、乳児検診など保健活動


■研修可能な手技

  • 1) 新生児、未熟児、小児の採血、点滴
  • 2) 新生児、未熟児、小児の呼吸管理(気管内挿管)
  • 3) 小児の低体温療法

 小児の急性疾患を中心とした一次診療が大半を占めますが、慢性疾患の長期管理者も多いため、外来診療も研修者に適宜入っていただいています。外来での採血、点滴の補助、病棟での診療を通じて手技を獲得し、小児のコモンな疾患は2~3年で一とおり経験できると思います。

定期カンファランス

1) 病棟入院患者カンファランス(月・木曜の夕方)
2) 周産期カンファランス(金曜の夕方)

認定医資格取得

1)小児科学会専門医:京都大学の関連施設として
2)日本周産期・新生児医学会の周産期新生児専門医の補完研修施設

詳細等

 診療実績、医師紹介、学会・研究会発表は診療科・部門紹介の小児科のページを参照ください。