LinkIcon島田市民病院トップページ

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

委員長挨拶

tanio.jpg充実した研修内容で皆さんを迎えます!

 臨床研修委員会・委員長 谷尾 仁志

 専門分化し、ますます高度に発展していく医療の中で、医師は『基本的な診療能力を身に付け、身体・心理・社会的に患者・家族の要望を把握し、信頼される』ことを期待されています。

 当院は、1980年より大学医局から若き医師を受け入れ、臨床指導を行ってきた実績をもとに、2004年4月からの新臨床研修制度のプログラムを作成し、医師の育成に努めてきました。各科の垣根が低いため、いろいろな科の指導医に相談しやすく、コメディカルスタッフも研修指導に情熱を注いでおり、よい環境にあると自負しています。

 初期研修では、各専門科研修と併行して、総合内科診療・救急診療を2年間通して学ぶようにしています。チーム医療の大切さを知ることが、救急での研修目的の一つです。電子カルテを業者とともに開発し、国内で早い時期に導入しました。当院独自のアイデアがたくさん活かされており、非常に便利で優れています。

 病院内の医師以外の職種では、新人であっても「研修」という形容詞が付きません。医師のみに付くのはおかしいという思いから、院内で、「研修医」という呼称は使用しないことを決めました。若い医師たちには、「研修医の○○です」ではなく、「○年目医師の○○です」と名乗るよう申し伝えてあります。また、2011年4月から、卒後1年次より医師を常勤職員(身分は地方公務員)として採用することにしました。さらに、卒後2年次までの医師に、1人当り年間20万円の図書購入援助をします。

 「島田で研修したことを誇りに思う」、そう言っていただけるような病院を目指して、若き医師たちの意見も尊重しながら、研修内容をより一層充実させていきます。

(2012年4月9日)