スマートフォン向けトップページへスマートフォン向けトップページへ


HOME > 地域医療連携 > 災害対応 > DMAT

DMAT

DMATとは「災害急性期に活動できる機動性を持った トレーニングを受けた医療チーム」と定義されており、災害派遣医療チーム Disaster Medical Assistance Team の頭文字をとって略してDMAT(ディーマット)と呼ばれています。

医師、看護師、医師・看護師以外の医療職及び事務職員で構成され、大規模災害や多傷病者が発生した事故などの現場に、急性期(おおむね48時間以内)に活動できる機動性を持った、専門的な訓練を受けた医療チームです。

当院は2012年3月に静岡DMAT指定病院として静岡県知事の認定を受けました。当院のDMATは医師2名、看護師2名、業務調整員2名の6人の構成です。

以下は2012年3月に行われた静岡県による「新東名高速道路SAヘリポートを活用した航空進出訓練」に参加したときの様子です。

DMAT20110511-2.jpgDMAT20110511-3.jpg
DMAT20110511-4.jpg

文責 病院総務課
最終更新日 2016-12-06
2016-12-06