スマートフォン向けトップページへスマートフォン向けトップページへ


HOME > 地域医療連携 > 災害対応 > 防災活動

防災活動

院内職員向けに災害医療研修会を実施しています

 当院では、大災害や大事故等で多数の患者が搬送されてきた場合を想定した大規模災害対応訓練を毎年実施しています。平成26年度から院内職員向けに災害医療における研修会を月1回のペースで実施し、習得した知識・技術を災害時に実践できるよう準備しています。

LinkIcon研修会の様子はこちらをご覧ください。

北海道胆振東部地震へ医師を派遣しました。

平成30年9月6日(木)に発生した北海道胆振東部地震への救護活動のため、松岡良太医師(救急科)が、DMATロジスティックチーム(全国から32名、静岡県から1名)の一員として現地に派遣されました。
ロジスティックチームは、現地本部調整役として地域の被災状況から避難所の情報を吸い上げ、救護班だけでなくトイレやベッドの手配などを行い、現地医療救護保健調整本部を立ち上げてきました。
7日昼には現地で活動を開始し、地域の被災状況・医療ニーズ・避難所情報・食事を含めたライフラインの確認を行い、9月11日の夕方に二次隊に引き継ぎました。静岡新聞やNHK放送を通して現地の状況を伝えるとともに、南海トラフ地震への備えについても広く県民に訴えました。

DSCF2448.jpg

DSCF2645.jpg

DSCF2728.jpg

平成30年度防災訓練を実施しました。

2018(平成30)年9月7日(金)、当院にて総合防災訓練を行ないました。 この訓練は、「島田市に震度6弱の地震が発生し、その地震により火災が発生した」という想定のもと、下記の内容で実施しました。
1 緊急地震速報対応訓練
2 火災通報訓練
3 初期消火訓練
4 避難誘導訓練
5 炊き出し訓練
避難誘導訓練では、実際にエアーストレッチャー等避難用具を使い、各病棟から1階の避難口まで模擬患者を運びました。
また、炊き出し訓練では災害用の大きな鍋を使い、さくらご飯を作りました。途中で、お米が入ったビニール袋が破裂するハプニングもありましたが、おいしいご飯ができ、参加者に振舞われました。訓練中も想定外のことが起き、改めて災害時の対応の難しさを感じるとともに、それぞれの役割を見直す機会となりました。

DSC_0421.JPG

DSC_0429.JPG

DSC_0444.JPG

DSC_0449.JPG

DSC_0460.JPG

DSC_0464.JPG

平成29年度防災訓練を実施しました。

2018年(平成29年)9月22日(金)、当院の病棟などで防災訓練を実施しました。
この訓練は、『駿河湾を震源とする地震が突発的に発生し、島田市では震度6弱の揺れが観測された』という想定のもとに行いました。
訓練内容は、緊急地震速報対応訓練、各病棟からの避難誘導訓練、水消火器を使用した消火器使用訓練、煙体験ハウス訓練などでした。
この訓練には、病院職員をはじめ委託会社等従業員、消防職員などが参加し、それぞれの役割や連携体制などを再確認していました。

DSC_0565.jpg

DSC_0598.jpg

DSC_0618.jpg

DSC_0632.jpg

DSC_0639.jpg

DSC_0662.jpg

平成26年度避難誘導・消火訓練を実施しました。

bousaikunren2014-1.jpg 2014(平成26)年9月19日(金)午後3時から、避難誘導・消火訓練を実施しました。
 訓練は、上記日時に、『駿河湾を震源とするマグニチュード8の地震が発生し、島田市では震度6弱の揺れが観測された』という想定のもとに行いました。
内容は、緊急地震速報対応訓練、各病棟からの避難誘導訓練、水消火器を使用した消火器使用訓練、非常用発電機始動訓練、火災が発生したと想定しての煙体験ハウス訓練などです。
 この訓練には、病院職員をはじめ委託会社等従業員、消防職員など約120名が参加し、どの訓練でも真剣に取り組んでいました。

bousaikunren2014-2.jpg初期消火対応訓練

bousaikunren2014-3.jpg病棟からの避難誘導訓練

bousaikunren2014-4.jpg火災を想定した煙ハウス

bousaikunren2014-5.jpg水消火器での消化訓練

bousaikunren2014-6.jpg非常食の試食

bousaikunren2014-7.jpg非常用発電機の使用訓練

大規模災害対策訓練を実施しました。

登院状況チェック1.jpg登院状況チェック 2015年(平成27年)11月7日(土)大規模災害対応訓練を実施しました。
 これは、大規模災害時、大量のけが人に対して治療の優先順位をつけるなど、限られた医療資源を最大限に活用するための訓練で、当院では平成12年から実施しています。
 震度6弱の揺れに見舞われたとの想定で、正面玄関前でトリアージを行い、やけどや骨折などを訴えて次々来院してくる患者役を重症度に応じて赤や黄色の「トリアージタグ」で振り分けました。その上で、医療搬送の手配やクラッシュ症候群の処置など、それぞれの症状ごとに必要な対応を素早く実施しました。
 情報の共有化の徹底を訓練のテーマに、ボランティアの受け入れ訓練や職員の登院状況チェックなども行いました。医師や看護師など病院職員をはじめ、地域住民ら約300人が参加し、みな真剣な表情で訓練に取り組んでいました。

医療トリアージ1.jpg医療トリアージ

病院前トリアージ1.jpg病院前トリアージ

救急患者受入1.jpg救急患者受入れ

軽症ゾーン1.jpg軽症ゾーン

中等症ゾーン1.jpg中等症ゾーン

重症ゾーン1.jpg重症ゾーン

ボランティア受入1.jpgボランティア受入

医療搬送ゾーン1.jpg医療搬送ゾーン


文責 病院総務課
最終更新日 2018-10-17