スマートフォン向けトップページへスマートフォン向けトップページへ


HOME > 病院概要 > 計画 > 経営計画

経営計画

 当院では、「市立島田市民病院改革プラン(平成21年度~平成23年度)」と、それに続く「経営計画(平成24年度~平成26年度)」を通して、経営の健全化、経営形態の見直し等の改革・改善に一貫して取り組んできました。
 こうした中、平成22年度決算において、経常収支が11年ぶりの黒字となり、続く平成23年度、24年度の決算においても、経常収支は黒字となりました。経営健全化への取組みは、一定の成果を上げたといえます。
 残念ながら、平成25年度には僅かながら赤字となり、医療制度改革や消費税増税の影響、医師確保に向けての取組みなど、今後も数多くの課題が残されています。
 新病院建設事業が本格的に動き出す今後4年間は、事業費の縮減とともに経営の健全化を一層進めて、病院建設や建設後の病院経営を安定的に行うために必要な自己資金を増やす取組みが必要となります。
 新たに作成した本計画(平成27年度~平成30年度)は、病院経営全般について一層の健全化・効率化を図り、当院の基本理念である『地域医療に貢献する』を実現するため、5つの基本方針に沿い、中期的視点に立った経営の基本指針と主要な取組みを示しています。


経営計画(平成27年度~平成30年度)(PDF形式)

文責 経営企画課
最終更新日 2016-12-06