スマートフォン向けトップページへスマートフォン向けトップページへ


HOME > 診療科・部門紹介 > チーム医療 > 感染対策チーム(ICT)

感染対策チーム(ICT)

ICTとは病院感染対策チーム(INFECTION CONTROL TEAM)のことであり、院内で患者さん・職員に対して病院感染対策を行うため各専門スタッフがチームとなって活動しています。


ICTの役割
(1) 院内のアウトブレイクを早期発見する。
(2) 感染対策マニュアルの作成、改訂を行う。
(3) 院内感染対策のサーベイランスを行う。
(4) 最もふさわしい感染管理について提言する。
(5) 新しい知識の習得、士気の向上に努める。


ICT回診
当院入院患者さんで感染症を合併している方の回診を毎週1回行っています。医師を中心に看護師、薬剤師、臨床検査技師、栄養師、作業療法士のスタッフが参加しています。

ict1.png

活動実績
○ICT回診回数:
 平成27年4月1日~平成28年3月31日  計50回
 毎週木曜日 13:30~14:30

○ICT勉強会:8回開催(平成27年度)
 全職員に感染対策の理解、知識の向上を目指し行っています。

5月
標準予防策(手洗い)について
6月
食中毒について
7月
施設における結核感染対策
9月
医療者の感染対策について
10月
抗菌薬使用方法について
病原微生物について
11月
感染性胃腸炎について
12月
インフルエンザについて
抗インフルエンザ薬について
1月
嘔吐・下痢の感染対策について

■勉強会の様子
sDSCF8068.jpgsDSCF8071.jpg
・2016.1.8の院内感染対策研修会、静岡がんセンター倉井華子先生による「嘔吐・下痢の感染対策について」の講義

文責 感染対策チーム
最終更新日 2016-12-06