スマートフォン向けトップページへスマートフォン向けトップページへ


学生実習

■市立島田市民病院 病院実務実習実績
平成22年度
第Ⅱ期
名城大学薬学部 1名

平成23年度
第Ⅱ期
静岡県立大学薬学部 3名
第Ⅲ期
愛知学院大学薬学部 1名

平成24年度
第Ⅱ期
静岡県立大学薬学部 2名
第Ⅲ期
京都薬科大学 1名

平成25年度
第Ⅱ期
静岡県立大学薬学部 1名

平成26年度
第Ⅱ期
金城学院大学薬学部 2名

igakusei01.jpg

実習生から当院薬局の評価

実習生からの実習の評価を抜粋してみました。(評価は5段階)

H26年の実習生より
  TDM業務 →5.0
・実際に行なわれているTDM設計をさせて頂く中で、ポイントや注意点について理解できました。
・ピーク値・トラフ値のどちらに注目すべきなのか目的によって異なるということを実感できた。
・実際のソフトを用いて血中濃度も変移を見ることができ、シミュレーションすることで、医師にも説得力ある処方提案ができることが分かって興味深かった。
 病院実習全体として →5.0
・その時ごとにスケジュールを調整して頂き、毎日大変充実した実習を受けさせて頂きました。初めて知ることや体験させてもらうことが多く、とても勉強になりました。薬剤部の皆さんがとても親切にして下さり、色々な課題やテーマを頂けたので、普段の自分では思いつかないような視点など教えて頂けました。とても楽しい実習を受けさせて下さり、本当にありがとうございました。また、お忙しいのも関わらず、日誌にまでもコメントやアドバイスを頂けてとても嬉しかったです。
・毎日新しいことを教えて頂けたので、とても充実した11週間でした。
・院内での薬剤師の役割や業務が具体的に分かりました。
・先生方がとても丁寧にご指導して下さったので、何に対してもよく理解できました。

H25年の実習生より
 薬剤管理指導業務 →4.5(全病棟平均)
・抗血小板・抗凝固薬の使いわけなど治療に関することがたくさん聞け、非常にわかりやすく勉強になりました。
・疾患別に薬の処方内容・治療法(手術)を詳しく教えて頂きとても勉強になりました。
・“指導というより、会話をしながら説明していけたらいい”と言われたことが実践できるよう、頑張ろうと思えるお手本のような服薬指導が見れてよかったです。
 病院実習全体として →4.0
・皆さんが優しかったので、今は実習が終わってしまうのが寂しいです。
・暇な時間をもっと有効に使えたらよかったと反省しています。

H24年の実習生より
調剤業務 →4.8
・普通薬に限らず向精神薬・毒薬・麻薬にも触れることが出来て良かったです。
・散剤・水剤・軟膏剤など調製を必要とする調剤がたくさん出来たので比較的早い段階で慣れることが出来ました。
・ 薬の種類が多く、とても勉強になりました。
 病院実習全体として →5.0
・常に新しい発見・新しい学びを感じられる有意義な実習でした。
・医療員の方々にも優しくして頂き嬉しかったです。
・多くのことを実際に体験させて頂けたので、より臨床的な実習となり最初から最後まで高い意識で病院実習に取り組むことが出来ました。
・色々な経験をさせてもらい、充実した11週間を過ごすことができました。__

H23年の実習生より
 DI(医薬品情報)管理業務 →4.5
・医薬品審議会の資料作成を通じてDIの重要性を体験できた。
・ 実際の院内のDIニュースを作らせていただき貴重な体験でした。
 病院実習全体として →4.3
・丁寧なご指導を頂き楽しく実習に取り組めました。
・全体的には一通りはできたと思いますので満足です。
・全体を通じて薬剤師の方が丁寧に指導して下さり楽しく実習することができた。
・最初の面談の時にやりたいと言っていたチーム医療も沢山見ることができて、実習生毎に少しずつスケジュールを変えてもらったことで充実した実習になったと思う。

薬学生実務実習受入施設について
 2006(平成18)年4月から薬剤師の養成に関わる6年制薬学教育がスタートしました。当院でも5年次の薬学生が実務研修を行います。
 薬学生は、実習事前学習で十分な知識知識・技能・態度を学習しております。実務実習期間中は、患者さんをはじめ関係者の皆様にご協力をお願いすることがありますが、ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

20170424.PNG受入施設証2.PNG

文責 薬局
最終更新日 2017-04-24