スマートフォン向けトップページへスマートフォン向けトップページへ


HOME > 診療科・部門紹介 > 薬剤部 > 医薬品情報室

医薬品情報室

スタッフ

職名
氏名
医薬品情報室長
浅原慶徳
係長
小梁宏光
副主任薬剤師
鈴木瑞穂
  • *専任担当の薬剤師が常駐しています。

医薬品情報室の業務 ※タブをクリックすると情報を表示します。

■医薬品管理業務

 医薬品の出庫・発注はバーコードを利用したコンピュータ管理をしています(インターネット発注システム)。医薬品の出庫・納品状況だけでなく、オーダリングシステムとの連携により医薬品の使用量を把握することも可能でこれらの統計リストを参考に、定期的に医薬品審議会において採用薬の見直しを行なっています。
 在庫は定数制を採用しておりますが、小包装品への変更や必要時購入薬品などを設定することで無駄な在庫が生じないように努めています。また、棚卸しを年2回程度行なう事で有効期限の把握にも努めています。

■DI:ドラッグインフォメーション業務

 医薬品の適正使用の為に必要な医薬品情報を収集・整理・評価・保管・提供しています。
 医薬品情報室はMR(製薬会社の医薬品情報担当者)の病院訪問の一元窓口になっており、各製薬会社の最新の情報が提供されています。また、インターネット端末も整備されており、厚労省HPなどにアクセスし、最新の情報を収集しています。
 院内への情報提供には電子カルテシステムの掲示板やメール機能を使っています(院内イントラネット)。
 院内医薬品集や医薬品・医療機器等安全性情報、緊急安全性情報(イエローレター)、医薬品審議会報告などは医薬品情報室担当薬剤師が掲示板に登録するすることで、医師は各電子カルテ端末で、いつでも参照・印刷することが出来ます。メンテナンスを医薬品情報室で行なうことで最新の情報を提供しています。
 また、病棟薬剤師と連携し、服薬指導や、カンファレンス等で得た患者情報を解析・評価し、医師、看護師、病棟薬剤師等に提供しています。
 その他、医師・看護師等などからの医薬品の問い合わせに対して回答すると共に、掲示板を通して情報提供しています。
 医薬品審議会において新規医薬品の採用にあたっては、国内外の治験成績、承認審査報告書及び添付文書等の情報を収集・評価し、さらに薬剤経済学的な検討も行い、それらを基に薬事委員会での資料を作成するなど、薬剤師が適正な医薬品の採用に関与しています。
 院外処方箋やDPCと関係して後発医薬品の選定にも努めています。

*当院の全採用医薬品に関する情報(添付文書、インタビューフォーム、適正使用ガイドなど)が全て収納されているキャビネットです。


■副作用報告業務

 外来・入院などで発生した副作用情報は医師・病棟薬剤師・MRなどからの連絡など情報を収集した場合、すみやかに厚生労働省に報告しています。また、救済制度を患者さんが活用できるよう医師・ソーシャルワーカーと連携して行なっています。

■教育・研修業務

 新人薬剤師は6ヶ月の間、新人担当薬剤師のスケジュールに沿って病院薬剤師業務の為の勉強を行ないます。この勉強会には各担当薬剤師が対応します。
 薬局内の勉強会として新規採用薬の情報はMRの説明会を含め行なっています。また、各医療チーム担当による院内勉強会を新人教育の一環として行なっています。
 学会・研修会には積極的に参加し、参加報告を薬局内で行なうことで業務の改善に役立てるとともにポスター発表なども行なうようにしています。

統計 (2013年6月3日up)

抗菌薬使用 (PDF472KB)(2013年6月3日up)

製薬会社・医薬品卸会社へのお知らせ

MR訪問規程 

 本院では、MRさん、MS さんの院内での活動において遵守事項を定めています。確認の上、ルールに則り訪問、活動してください。なお、遵守事項は随時変更となります。最新の事項については訪問記録受付場所に先に掲示します。必ず確認ください。

  1. MR訪問規程
  2. 医薬品情報室担当者・薬剤師の面会時間
  3. 医局訪問の時間・待機場所

風疹予防接種について 

 当院に業務で出入りされる皆さんに風疹予防接種のお願い
 昨年より風疹が大流行しております。
好発年齢は1~9才でありましたが、近年の感染者の多くが20~40才代の成人男性となっており、成人の流行としては、過去に例を見ない程の規模になっております。
 風疹をはじめとした麻疹、水痘、おたふくかぜなどのウイルス性疾患は非常に感染力が強く、時に大流行を引き起こしますが、ワクチン接種でほぼ確実に予防することが可能な感染症です
 病院には極端に免疫の低下している患者さん、妊娠中の患者様もいらっしゃいます。
このような方が罹患すると、重症化することや、新生児に重大な合併症をもたらす事もあります。

 当院では、職員が患者さんに感染させることがないように、病院内の医療従事者に対してワクチン接種や、抗体価測定を実施しております。
 つきましては、委託等により病院で業務をされている方、業務上当院を訪問される皆様方におかれましては、これらのウイルス性感染症のワクチン接種にご協力をお願い申し上げます。なお、各企業におかれましては社会的見地よりご協力をお願い致します。
 現在は、特に麻疹風疹ワクチンの接種をご検討下さい。
予防接種をご希望の方は、
健診センター 0547-35-1601  (10:00~16:00)までお問い合わせ下さい。

同行申請

調剤薬局へのお知らせ

文責 経営企画課
最終更新日 2017-12-08