スマートフォン向けトップページへスマートフォン向けトップページへ


業務紹介

■1.調剤業務

  • 調剤業務
  • 1)内服薬・外用薬の調剤
  • 医師の診察時において、電子カルテに処方オーダーが入力されると、調剤室に設置してある2台のプリンターより処方せんが自動で発行されます。当薬剤部では、主に入院患者さんの内服処方や一部の外来患者さんの院内処方に対応しています。

  •  まず、発行された処方せんに基づいて、1人目の薬剤師がオーダーされたとおりに医薬品を集めます。その後、もう一人の薬剤師によって、それらの医薬品が処方せんに記載された正しい薬剤であるかどうか監査を行い(ダブルチェック)、調剤します。その際に、複数の医薬品の飲み合わせに問題がないかどうか、添付文書(医薬品の取り扱い説明書のようなもの)に準じた用法・用量であるかどうかなどもチェックを行い、必要に応じて医師に連絡・確認を行っています(疑義照会)。



  •  内服の自己管理が苦手な患者さんや入院中のPTPシートの誤嚥防止などのために、必要に応じて一包化(内服薬を服用毎の1回分の錠剤をまとめて包装すること)も行っています。
  • *掲載の写真は、一包化調剤されたものにおいて、指定の薬剤が正しく包装されているかどうか、一包ずつ監査しています。

  • 2)注射薬の調剤
  • 病棟や外来(救急センターも含む)へ注射薬を随時払い出しています。その際、オーダーされた注射薬が患者さんに適した用量なのか、また使用する注射薬同士の混合に問題はないかどうかなどをチェックし、必要があれば医師へ疑義照会をしています。

  •  外来・入院化学療法(抗ガン剤の点滴)については、2F化学療法室にある安全キャビネット(2台設置)を使用し、薬剤部の化学療法チームを主体として、薬剤師による混合・調製を実施しています。医療スタッフへの抗ガン剤による被爆(人体に影響してしまうこと)対策や医療安全(例えば間違った医薬品や過剰な用量を投薬するなどの医療事故を防止すること)に貢献しうる業務として取り組んでいます。当然、調製者と監査者が確認しながら調製した抗ガン剤のダブルチェック(薬剤の秤量、溶解・混合後の状態などに問題はないか)も行っています。



  •  また、中心静脈栄養法において、混合が必要な高カロリー輸液の処方オーダーにも対応しており、無菌室内で薬剤師による混合・調製を実施しています。近年高カロリー輸液製剤の採用により調製件数は減少傾向にありますが、高カロリー輸液の処方内容について個々の患者さんに適した栄養(糖質・アミノ酸などの組成、水分量、ビタミン類(特にB群)など)であるかどうかもチェックしています。必要があれば、病棟担当薬剤師あるいはNSTチームによる薬学的な介入も検討しています。

LinkIcon業務紹介 メニューへ

■2.病棟薬剤業務

  •  当院薬剤師は、入院された患者さんに対して安心・安全な薬物療法を提供するために、
  • 以下の業務を各病棟において行っています。
  • 【入院時:持参薬の確認、問診】
  •  入院前から患者さんが薬を使用している場合、その薬や数を確認します。
  • それらの薬の中で入院後の治療に支障を来たす恐れがあり、休薬や中止、変更の必要が
  • ある薬に関して医師・看護師と情報共有します。
  •  また持参された薬の服薬状況とともに市販薬やサプリメントの使用、副作用・
  • アレルギー歴の確認、問診も行います。

  • 【入院中:薬剤管理指導】
  •  入院後に使用開始となる薬について、安全な薬物療法となるように、問診などで得られた過去のアレルギー歴・副作用歴の情報や血液検査の結果等を確認し、個々に適した薬剤であるか、またその際の投与量の設定について、病棟担当薬剤師が随時検討しています。必要があれば薬学的な介入(処方医に薬剤の選択や投与量について確認・相談)をしています。
  •  特に抗がん剤等の副作用の危険性が高い薬に関して、患者さんに安心して使用して
  • いただくために薬の情報を事前に説明し、また予防方法の指導を行っています。
  •  治療開始後も病室を訪問し、薬の効果とともに副作用が出現していないか確認します。
  •  患者さんとの会話の中で得られた情報は医師や看護師等の他のスタッフと情報共有し
  • さらに各々の患者さんに適した薬物療法となるように検討しています。

  • 【退院時】
  •  退院される患者さんに対して、退院後も服薬・治療が継続できるように支援・指導を行います。
  •  またお薬手帳に入院後の経過や追加薬剤の記録を残し、調剤薬局・介護するご家族または施設職員への情報共有に努めています。
  • 【病棟スタッフとの連携】
  •  入院中の患者さんに投与されている薬剤で、新薬あるいは生活上で個別に注意が必要である場合などであれば、病棟看護師に対して、病棟カンファレンスや看護師の業務引継ぎの時間帯などにおいて、薬剤に関する情報提供を適宜行っています。特に抗ガン剤の副作用に対する支持療法(副作用の症状を予防・軽減するための処方や対策など)については、必要があれば医師に処方提案し、担当の看護師にもレクチャーを行うこともあります。
  •  また、入院中の患者さんの普段の様子も病棟看護師を通じて情報を得ることもあれば、看護師から相談を受けることもあります。病棟にて診察中の医師からも相談を受けることも多く、薬のスペシャリストとしての能力を発揮できる絶好の場となっております。

  • *掲載の写真は、新たに処方が開始された薬剤に関する情報について病棟看護師と打ち合わせしています。

LinkIcon業務紹介 メニューへ

■3.持参薬チェック業務

  • 1)当院に入院する患者さんの持ち込みのお薬を確認する業務です。
  •  当院のお薬や開業医(かかりつけ医)のお薬を全て入院時に、薬剤名・服用方法・服用期間・残数・保険調剤薬局の指示などを確認し、持参薬確認報告書を作成しています。
  •  ほとんどの患者さんはお薬手帳を持っていますので、その手帳を参考にしています。
  •  現在のお薬は、同じ成分である先発品・後発品(ジェネリック薬)の種類が沢山あり、確認は欠かせません。また手術や検査の前に中止をしなければならないお薬を確認し、医師の指示通りに服用していないか確認しなければなりません。
  •  持参薬チェック業務は病棟薬剤師の業務としても重要な仕事になっています。当院で在庫にない持参薬があれば、その持参薬の処方切れの際に代替となる薬剤を主治医に提案することもあります。あるいは、多種多剤の持参薬を服用されている患者さまにおいて、必要があれば既往歴や患者さんの現在の状態を考慮し、一部薬剤の減量や中止を主治医に提案することを検討することもあります。

LinkIcon業務紹介 メニューへ

■5.医療チームへの参加

  • ①ICT(Infection Control Team:感染対策チーム)
  • ICTは、感染対策を担当する医師、看護師、薬剤師、臨床検査技師、栄養士、作業療法士で構成されるチームです。院内における感染対策と、感染症の患者さんに対する適切な治療を推進しています。
  • ICT担当薬剤師は抗菌薬の使用状況を確認して、必要な症例に対しては、抗菌薬の適切な選択となるように薬学的な情報提供をすることやTDM(Therapeutic Drug Monitoring:治療薬物モニタリング)を実施することで、抗菌薬の適正使用に努めています。また、消毒薬の適正使用の推進やICTニュースによる情報提供など、薬剤師の専門知識を活かした業務を行っています。

  • ②糖尿病チーム
  •  糖尿病教室におけるお薬の指導を始め、インスリン注射手技指導、運動療法指導(ウォーキング・ストレッチ)、看護師等への勉強会の講師など糖尿病療法指導士(CDEJ)を中心に活動を行っています。
  • 糖尿病内分泌科医師を中心とて、他職種の管理栄養士、看護師、臨床検査技師等とチーム医療を展開しており、入院患者さんを対象とした週1回の糖尿病カンファレンスに参加しています。各専門職種からの活発な問題提起・提案を通して、食事療法により食事する楽しみを奪ってしまってないか、または薬物治療の導入がその人の負担になっていないか、退院後もその人にとって治療が継続しやすくなっているかどうかといった観点に基づいて、患者さんに最適な糖尿病療養を提供できるように検討しています。
  • ③NST (栄養サポートチーム)
  •  薬剤師 (栄養サポートチーム専門療法士)はディレクター (医師)の週1回、回診に看護師、管理栄養士、臨床検査技師とともに同行しチームによる栄養面のサポートに取り組んでいます。
  •  また病棟の栄養カンファレンスに医師と管理栄養士とともに参加しています。
  •  その他、中心静脈輸液や経腸栄養剤の適正使用の評価や提案、NST勉強会の講師を担当しています。
  • ④褥瘡チーム
  • 形成外科と皮膚科の医師を中心に、看護師(外科認定看護師、病棟の看護師)・栄養士・理学療法士・薬剤師の各専門の職種が集まり、院内の褥瘡患者を毎週定期的に治療しています。
  • 患者の状態は褥瘡の状態をチームで話し合い、情報の共有し、その後に患者さんの回診に行きます。回診後には創部の状態を確認し、今後の治療方針を検討しています。
  •      
  • ⑤緩和ケアチーム(PCT)
  • 緩和ケアチーム(PCT)は、患者さまやご家族からの相談、また医師や看護師など医療スタッフからの相談を受けて、主にがんに伴う様々な症状緩和を行っています。病気の患者さまの苦痛は、痛みなどの身体的苦痛だけでなく、病気に対する不安、生活に対する不安など人によって様々です。そのような問題に対し医師、薬剤師、看護師、訪問看護師、心理技師、栄養士 など多職種の専門家でチームを組み、総合的なケアを行っています。

LinkIcon業務紹介 メニューへ

6.製剤業務  ※汎用院内製剤一覧

  •  院内で使用する各種消毒剤・無菌製剤の調製と払い出しの他に、市販されていない特殊な製剤を作っています。
  •  この業務を行うにあたっては院内製剤製造要綱に沿って、院内製剤依頼書、決裁書、インフォームドコンセント(同意書)、院内製剤臨床使用報告書の提出などの手続きに従い行なっています。
  •  また、特殊製剤のなかでも医薬品の(保険)適応外使用を伴うものは医薬品等の(保険)適応外使用に関する取り扱い規定に基づき適応外使用許可願、インフォームドコンセント(同意書)、(保険)適応外使用終了報告などの手続きに従い行なっています。
  • LinkIcon汎用院内製剤一覧へ(2011(平成23)年10月28日更新)
  •  調剤薬局の皆さんに情報提供するものです。閲覧にはパスワードが必要です。
  •  パスワードが必要な薬局は院外処方箋相談コーナーの土田まで連絡してください。
  •  パスワードの提供は調剤薬局に限定させていただきます。

LinkIcon業務紹介 メニューへ

文責 薬局
最終更新日 2017-04-19