スマートフォン向けトップページへスマートフォン向けトップページへ


臨床検査室

細菌検査の紹介

病気(感染症)の原因となる病原微生物を見つけ出し、その病原微生物はどんな抗菌薬を使用すれば治療効果が得られるのか調べるのが主な業務です。

2015_saikinkensa_1.jpg患者さんから提出された検体(喀痰、尿、便)などを、微生物が成長するために必要な栄養素を含む寒天培地に塗り、体温とほぼ同じ35℃~37℃で培養し、肉眼で確認できるように発育増殖させます。
その後、発育してきた微生物がなんなのか様々な確認検査を行い菌名を調べます。(同定検査)
並行して、検出された病原微生物はどの薬(抗菌薬)を使用すれば治療効果が得られるのか調べます。(薬剤感受性検査)
ここまでの過程で約3日間を要します。非常に時間のかかる検査です。

2014saikin2.jpg実際に抗菌薬投与を開始するときには、まだ原因菌や原因菌の抗菌薬への感受性が判断できないことが多くあります。これらを少しでも確実に判断するため、グラム染色による原因菌の推定、および、当院で検出された細菌別抗菌薬感受性率表(アンチバイオグラム)を定期的に改訂し活用しています。(2017年2月改訂)
私たちは日々患者さんの微生物を原因とした病気の治療に少しでも役立てるよう業務に取り組んでいます。


細菌検査年度別件数(PDF:141KB)  (2017年9月13日更新)

■フォトギャラリー
微生物は汚い!と殆どの方が印象をお持ちでしょうが、写真で見ると意外と色鮮やかな気がしませんか?

寒天培地での発育集落写真
IMAGE035.JPG黄色ブドウ球菌IMAGE037.JPGA群溶血連鎖球菌IMAGE039.JPGサルモネラ
顕微鏡写真1000倍観察
IMAGE041.JPGカタル球IMAGE043.JPG肺炎球菌IMAGE045.JPG結核菌IMAGE047.JPGアスペルギル

▲ ページトップへ

文責 臨床検査室
最終更新日 2017-09-14