スマートフォン向けトップページへスマートフォン向けトップページへ


麻酔科

【麻酔とは】

患者さんに痛みという刺激を与えてもその痛みを感じなくす方法のことです。手術による痛み刺激をなくすという意味において、“現代の外科学(手術)の発展”は“麻酔科学の発展”によるものが大きいと言われています。さて実際の麻酔法には大きく分けて二つの方法があり、痛みだけではなく意識もなくす全身麻酔と局所麻酔(広い意味での区域麻酔:部分麻酔)があります。全身麻酔では薬剤によって痛みを取るだけではなく意識をなくし、不動化(動かない状態に)して手術を行います。痛み刺激で目が覚める(覚醒する)普通の睡眠とは異なり、手術中はずっと意識のない状態でいます(図1)。薬剤の投与を中止すれば速やかに元の状態(覚醒状態)になります。局所麻酔は、麻酔薬を投与することにより身体の一部分の痛みを感じなくさせる方法です。いわゆる下半身麻酔(正しくは脊髄くも膜下麻酔や硬膜外麻酔)や神経ブロックといわれるものもこの範疇に入ります。手術中に痛みはありませんが意識はあり、下半身が動かないあるいは動き辛くなります。手術による侵襲は刻々と変化し、呼吸や循環(血圧、脈拍)に大きな影響を与えます。麻酔科医は常に患者さんの傍にいて、その変化をモニターで監視しながら安定した状態を保つために適切な処置(輸液・輸血や薬剤投与など)を常に行っております。全身麻酔と局所麻酔には各々に利点と欠点があります。手術のやり方(術式)や患者さんの状態(合併症の有無や緊急性)を考慮し、かつ患者さんのご希望も聞きながら麻酔法を選択します。全身麻酔と局所麻酔を組み合わせて用いることもあります。麻酔科医は術前診察による患者さんの状態把握、術中管理、術後の疼痛緩和や術後回診という手術の前後を含めた期間(周術期)で患者さんに関わっているのです。

図1図1


【麻酔の流れ】

 患者さんの状態把握のために外来での検査結果が出た段階で麻酔科術前診察を行います。必要があれば追加の検査や他の専門外来に掛っていただきます。麻酔科術前診察は準備ができた時点で行われますが予定手術の場合(緊急手術は除いて)、手術前日までには必ず行われます。麻酔法や合併症の可能性などについての説明をお聞きになり、分からないことや不安に感じていることなどを遠慮なく麻酔科医にお尋ねください。ご納得いただいたうえでご家族とともに同意書に署名をいただきます(インフォームドコンセント)。原則としてご家族の同伴が必要ですが、身寄りのない方やどうしても都合がつかない場合には当院職員が立ち会わせていただきます。緊急手術の場合もご家族の同伴・同意が原則ですが、事態が切迫している場合、本人のみでかつ口頭で同意を得ることがあります。
 手術当日は、手術室の入り口で担当の麻酔科医と外科医、看護師が患者さんをお待ちしております。WHO(世界保健機構)の「安全な手術のためのチェックリスト」に沿って、この際に患者さんや手術部位の取り違え(誤認)を防止するために名前や生年月日をお尋ねします。手術室には可能な方であれば歩いて入っていただきます。手術台に横になり、監視装置(モニター:血圧計や心電図、酸素飽和度など)を身体に装着します(図2)。局所麻酔の場合、超音波装置などを用いた神経ブロックや背中からの区域麻酔を行います。全身麻酔では点滴から薬剤を投与して1分以内に意識がなくなり麻酔が掛ります。麻酔導入から手術開始までは準備に30分から1時間程度、逆に手術終了から覚醒して麻酔終了までも30分から1時間程度必要です。循環が安定し、意識と呼吸がしっかりした後に、酸素を投与しながら、病棟に帰室していただきます。長時間手術や出血した場合、脳神経外科手術で意識状態が不安定な場合などには麻酔をかけたまま覚醒させずに人工呼吸をしながら病棟にお戻りいただく場合も稀にあります。手術翌日以降に、患者さんの状態や合併症の有無を確認するために麻酔科術後回診を行います。

図2図2


【麻酔の安全性について】

 監視装置(モニター)の進歩や短時間作用性の新しい麻酔薬の開発などにより、麻酔の安全性は飛躍的に改善したと言われています。とはいえ、医療に100%絶対に安全であるということはありえません。患者さんの年齢や合併症、また予期せぬ(潜在的な)合併症や薬剤アレルギーなど突発的な事象による不測の事態も予想されます。しかしながら麻酔科医は手術室においては、安心・安全な麻酔管理を目指して日々務めており、準備を怠らないようにしております。さらに麻酔科医、外科医、看護師だけではなく臨床工学技士や薬剤師、放射線技師、事務員、看護助手に至るまでチーム医療を実践することで安全性を高めております。どうかご安心ください。

【麻酔科の拡がり;痛みの外来:ペインクリニック】

 麻酔科医は痛みを取る技術に優れていることから、ペインクリニック(疼痛)外来あるいは緩和医療に関わる医師として働いていたり、呼吸・循環管理に常に携わっているために集中治療や救急医療の現場で活躍されている医師もおります。当院でも他科(整形外科や脳神経外科、外科など)からの紹介により痛みの治療を行うペインクリニック外来の開設を準備しております。帯状疱疹後神経痛や腰痛症、頸肩腕症候群などでお悩みの方は、かかりつけの先生や主治医にご相談のうえ、麻酔科ペインクリニック外来を紹介していただいてからの受診をお願いします。手術の麻酔を主たる業務としており、現在ペインクリニック外来を常時開設できるマンパワーがないので麻酔科ペインクリニック外来への直接の受診はお控えください。当面の間、ご不自由をおかけしますが、宜しくお願いします。

【研修施設】

 当院では初期および後期研修医や救急救命士の臨床実習を行っております。特に救急救命士の実習は、地域の救急医療体制の充実と技術の向上に欠かせないものであり、患者さんから個別に同意(インフォームドコンセント)を取った後に実施しております。決して強制ではなく善意のボランティアとしてのご協力を賜りたく、ご理解いただくようお願い申し上げます。

職名 氏名 卒業年 学会専門医資格等 備考
主任部長 白石義人 S55 日本麻酔科学会指導医・専門医
日本ペインクリニック学会認定医
日本集中治療学会認定医
日本蘇生学会蘇生指導医

医員 山口裕充 H19 日本麻酔科学会麻酔科専門医
麻酔科標榜医 

医員 宇於崎奈古 H20 日本麻酔科学会麻酔科専門医
麻酔科標榜医 

医員 岩田紘樹 H24 麻酔科標榜医


医員 姜 乃佳 H25 麻酔科標榜医


非常勤



 ※浜松医科大学医学部麻酔・蘇生学講座より不定期にて派遣有り




■著書
1. 播岡徳也:ラテックスアレルギー,まれな疾患の麻酔 A to Z, 編:高崎真弓, 河本昌志, 木内恵子, 白神豪太郎, 萩平哲,東京,文光堂,2015. p.500

■訳書
1. 播岡徳也:第40章 体温モニタリング, ミラー麻酔科学(訳:第6版), 監修:武田純三, 東京, メディカル・サイエンス・インターナショナル, 2007.p.1225-44

2. 播岡徳也:第12章:体温の異常, ICUブック(訳:第3版), 監訳:稲田英一, 東京, メディカル・サイエンス・インターナショナル, 2008.p.603-37

■論文
1. Tanaka T, Furutani H, Harioka T. Anaesthetic management of a patient with relapsing polychondritis undergoing laparoscopic surgery. Anaesth Intens Care 2006;34:372-4.

2. 田中具治, 佐藤聖子, 鳥居ゆき, 鈴木万里子, 古谷秀勝, 播岡徳也. 腹腔鏡下大腸切除術における動脈血二酸化炭素分圧と呼気終末二酸化炭素分圧との較差の検討. 麻酔 2006;55:988-91

3. 田中具治, 古谷秀勝, 播岡徳也. 動脈血二酸化炭素分圧と呼気終末二酸化炭素分圧との間に著名な解離をきたした腹腔鏡下大腸切除術の1例. 日 日臨麻誌 2006;26:82-5.

4. 田中具治, 鳥居ゆき, 古谷秀勝, 播岡徳也. ファイバー経鼻挿管直後に気管内出血を来した下咽頭腫瘍の1症例. 麻酔2005; 54: 1040-2.

5. 佐野浩司,蔡豪倫,建石英夫,中里茜,播岡徳也.下顎水平埋伏智歯抜歯に対しロピバカインを用いて下顎孔伝達麻酔を施行した不整脈原性右室心筋症の1症例.日本歯科麻酔学会雑誌 2011; 39: 184-9.

6. 木村友里子、岡村誠、播岡徳也、原忠司、中里茜、石山忠彦、松川隆. 麻酔導入後に心静止をくり返し、原因としてジルチアゼム中毒が疑われた 1 症例.麻酔 2012;61:104-7

7.クッシング症候群合併妊婦の腹腔鏡下副腎腫瘍摘出術の麻酔経験.
 木村友里子、奥山克巳、三井一葉、玉木章雅、野中明彦、松川隆
 麻酔2012;61;605-9

8. 木村友里子、岡村誠、播岡徳也、原忠司、神谷清、松川隆.術前にラテックスアレルギーの素因を同定しえなかった1症例.麻酔 2013;62:1469-71

■学会発表
1. Tanaka T, Harioka T, Torii Y, Satoh K, Furutani H. Arterial to Endo-Tidal CO2 Tension Difference Expands during Laparoscopic Colorectal Surgery. The 2006 ASA Annual Meeting, Chicago, October, 2006.

2. Okamura M, Harioka T, Hara T, Maruyama D, Sano K. Estimating the Location of
the Radial Artery by Palpation Causes Deviation to the Radial Side. The 2009 ASA
Annual Meeting, New Orleans, October, 2009.

3. 佐藤聖子, 田中具治, 鳥居ゆき, 古谷秀勝, 鈴木万里子, 播岡徳也.大腰筋筋溝ブロック後に意識消失を来した症例.日本麻酔科学会第52回総会 神戸, 5月, 2005.

4. 鳥居ゆき, 古谷秀勝, 佐藤聖子, 田中具治, 鈴木万里子, 播岡徳也.大腰筋筋溝ブロックを用いたハイリスク・凝固能低下患者に対する大腿骨骨折手術の麻酔管理. 日本麻酔科学会第52回総会 神戸, 5月, 2005.

5. 田中具治, 佐藤聖子, 鳥居ゆき, 鈴木万里子, 古谷秀勝.播岡徳也.腹腔鏡下大腸切除術における動脈血二酸化炭素分圧(PaCO2)と終末呼気二酸化炭素分圧(PETCO2)の差の検討. 日本麻酔科学会第52回総会 神戸, 5月, 2005.

6. 播岡徳也, 古谷秀勝, 鳥居ゆき, 田中具治, 鈴木万里子, 佐藤聖子.Ruesch 社製 Lasertubus のレーザー保護ホイル破損とチューブ折損の経験 日本麻酔科学会第52回総会, 神戸, 5月, 2005.

7. 播岡徳也, 古谷秀勝, 鳥居ゆき, 田中具治, 鈴木万里子, 松岡香哲.京都医療センタ-における麻酔科管理手術数の変遷と再手術の頻度 日本麻酔科学会第52回総会 神戸, 5月, 2005.

8. 播岡徳也, 山本泰久, 高橋健二, 曽根哲寛, 古谷秀勝, 鳥居ゆき.都市部基幹病院と地方公立病院の週末における緊急麻酔の現状.日本麻酔科学会第53回学術集会, 神戸, 6月, 2006.

9. 播岡 徳也, 岡村誠, 赤松響子, 佐野浩司, 田口博之(精神科), 曽根哲寛.mECT施行時の徐脈および心静止の発生頻度と刺激電極の位置および刺激装置.日本麻酔科学会第54回学術集会, 札幌市, 6月, 2007.

10. 岡村 誠, 赤松響子, 佐野浩司, 播岡徳也.単極型電気メスによりVOOモードペースメーカが干渉された一例.日本麻酔科学会第54回学術集会, 札幌市, 6月, 2007.

11. 佐野浩司, 曽根哲寛, 播岡徳也.Pentax社製エアウェイスコープの様々な状況下での使用経験.日本歯科麻酔学会第35回学術集会, 北九州市, 10月, 2007.

12. 岡村誠, 加藤浩司, 赤松響子, 播岡徳也.一般病院における抜管時エアウェイスコープの有用性.日本麻酔科学会第55回学術総会, 横浜市, 6月, 2008.

13. 岡村 誠, 播岡徳也, 原忠司, 加藤浩司 橈骨動脈の触診はどの程度正確か?-エコーによる検証- 日本麻酔科学会第56回学術集会, 神戸, 8月, 2009.

14. 播岡徳也, 岡村誠, 佐野浩司, 丸山大介, 赤松響子.10年を隔てた定型的手術の手術時間と出血量の変遷 -一地方病院での経験, 日本麻酔科学会第56回学術集会, 神戸, 8月, 2009.

15. 中里茜、花澤豪樹、岡村誠、佐野浩司、播岡徳也.全身麻酔導入後に左協同偏位を呈し、手術を延期した 1 症例.日本歯科麻酔学会第37回学術集会, 名古屋市, 10月, 2009.

16. 木村友里子、播岡徳也、松川隆.麻酔導入後に心静止を繰り返し、原因としてジルチアゼム中毒が疑われた一例.日本臨床麻酔学会第30回大会,徳島,11月,2010. 

17.原忠司.超音波ガイド下末梢神経ブロックによる下肢手術の経験.第114回中部日本整形外科災害外科学会,名古屋,4月,2010.

18.播岡徳也、岡村誠、原忠司、赤松響子、中里茜、川上亜希子.執刀医による執刀直前の手術時間と出血量の予測精度の検討.日本麻酔科学会第58回学術集会,福岡,6月,2010.

19.播岡徳也、木村友里子、岡村誠、原忠司、中里茜、真田達夫.周術期
脳梗塞リスク術前評価チェックシートの作成- - -簡潔で実効性のある予防を目指して.日本麻酔科学会第59回学術集会,神戸,6月,2012.

20.播岡徳也、木村友里子、真田達夫、中里茜、原忠司、岡村誠.麻酔中人工呼吸下におけるTaperGauardTM気管チューブのカフェ圧の変動.日本麻酔科学会第59回学術集会,神戸,6月,2012.

21.播岡徳也、木村友里子、岡村誠、原忠司、中里茜、真田達夫.イヤホン型耳式体温計(CEサーモTM)の測定値に対する上半身用温風式加温装置の影響.日本麻酔科学会第59回学術集会,神戸,6月,2012.

22. 神谷清、岡村誠、木村友里子、原忠司、播岡徳也.術前にラテックスアレルギー素因を同定し得なかった1例.日本麻酔科学会第60回学術集会,札幌,2013年

23. 播岡徳也、木村友里子、岡村誠、原忠司、神谷清.陽圧換気におけるTaperGuardTM気管チューブとHi-LoTM気管チューブのカフ圧の変動---気管モデルを用いた比較.日本麻酔科学会第60回学術集会,札幌,2013年

24. 播岡徳也、木村 友里子、岡村 誠、原 忠司、神谷 清.気管モデルを用いた陽圧換気によるカフ圧変動の検討---TaperGuardTM気管チューブとHi-LoTM気管チューブの比較、およびチューブの太さの影響.日本麻酔科学会第61回学術集会、横浜、2014年

25. 松永雄太、播岡徳也.脊髄小脳変性症患者の幽門側胃切除術の麻酔経験.日本麻酔科学会東海・北陸支部第13回学術集会.名古屋、9月、2015年

文責 麻酔科
最終更新日 2017-06-19