歯科口腔外科

インプラント治療と他の治療法の比較

インプラント治療

implant-hikaku1.jpg

利点
◎ 天然歯のように違和感なく噛むことができる。
◎ 噛む力は天然歯の約80%回復することができるので、固いものを噛むことができるようになる。
◎ 隣の歯を削る必要がない。
◎ よく噛めることにより、全身的な健康にも良い影響を与える。 
欠点
▲ インプラントを顎の骨に埋め込むための手術が必要となる。
▲ 全身の疾患等により治療ができない場合がある。
▲ 定期的なプロフェッショナルケアを受け、指導の下にセルフケアを実施する必要がある。
▲ 保健適用外治療

ブリッジ治療

implant-hikaku2.jpg

利点
◎ 固定式であるため、装着しても違和感があまりない。
◎ 材料選択により天然歯と遜色ない審美的な修復が可能。
◎ 保険適用も可能(使用する材料に制限あり。) 
欠点
▲ 修復物の固定のため、両隣の歯を削る必要がある。
▲ 支える歯の負担が大きくなり、将来的にその歯を失う原因となる可能性がある。
▲ 連結部の隙間が清掃不良により不衛生になりやすい。
▲ 治療部位により、空気が漏れて発音に支障がでることがある。 

入れ歯治療

implant-hikaku3.jpg

利点
◎ ブリッジでは対応できないような大きな欠損に有効な治療法
◎ ブリッジのように両隣の歯を削る必要がない。(代わりにバネで固定する場合がある。)
◎ 保険適用も可能(使用する材料に制限あり。) 
欠点
▲ 固定のためのバネにより、隣の歯への負担が大きい。
▲ 噛む力が健康な状態に比べて30%~40%くらいになる。
▲ 頻繁に手入れする必要がある。
▲ 口の中に違和感を感じやすく、ガタつきやすい。
▲ 食べかすにより不衛生になりやすい。 

 

文責 歯科口腔外科
最終更新日 2016-01-13