スマートフォン向けトップページへスマートフォン向けトップページへ


HOME > 診療科・部門紹介 > 内科系診療科 > 糖尿病・内分泌内科

糖尿病・内分泌内科

医師や栄養士がチームで治療にあたります。

 当科では、糖尿病の食事療法・運動療法について、教育入院に重点をおいて体制作りを行っています。食事療法では栄養指導を集団および個別に実施し、教育効果を検討するとともに、毎日食堂に集まって会食しながら昼食を摂り、同時に栄養の説明を受けていただいています。2週間の教育入院の間、ほぼ毎日糖尿病教室を受講していただくとともに、合併症評価を全身的に実施しています。

 糖尿病は遺伝に加え、食事の習慣、体を動かす習慣に深い関係があります。また、近年では小さな子供たちの間にも成人型の糖尿病が増えています。糖尿病になってしまった場合には、自分がどういう状態なのかを知り、病気をしっかり学ぶことが治療の第一歩です。当科では医師や栄養士などがチーム体制で患者さん一人ひとりの病状に応じた治療を行います。

甲状腺疾患、間脳下垂体副腎病変に関する診断を行います。

 甲状腺疾患に関しては、ホルモン関連検査に加えて、エコー、Tcシンチ、甲状腺腫瘍に関しては必要に応じて生検を行い、診断します。
 間脳下垂体副腎病変に関しては、偶発腫瘍の精査、二次性糖尿病/二次性高血圧の原因としての精査としてのホルモン検査、各種画像検査を行ないます。

職名 氏名 卒業年 学会専門医資格等 備考
主任医長 大石 敏弘 H18

日本内科学会認定内科医


医長 山崎 玄蔵 H19

人間ドック学会人間ドック健診情報管理指導士

漢方内科兼務
副医長 岡西 大介
H21

日本内科学会認定内科医
日本糖尿病学会専門医 


医員 善當 翼
H25 日本内科学会認定内科医
rt-PA適正使用講習会受講済


医員 杉田 和哉 H25 小児二次救命処置法(PALS)


【所属学会】
日本小児科学会 
医員 坂本沙有梨 H27
rt-PA適正使用講習会受講済


非常勤 小谷 仁人 H1 日本内科学会認定内科医
日本内分泌学会専門医
日本内分泌学会指導

【所属学会】
日本内科学会日本糖尿病学会
日本内分泌学会
日本腎臓病学会
日本プライマリーケア学会
アメリカ内分泌学会




初診 大石 山崎 善當
岡西

二診・再診  岡西
善當 山崎 大石

岡西/大石

午後・再診 善當/山崎
大石 岡西/坂本 大石



■入院患者数(単位:人)



■疾病

文責 糖尿病・内分泌内科
最終更新日 2017-06-05