スマートフォン向けトップページへスマートフォン向けトップページへ


消化器内科

内視鏡や超音波(エコー)を使って検査・治療を行います。

 当科は食道、胃、腸、肝臓、胆のう、膵臓(すいぞう)など、食物の消化に関わる臓器の病気を診療しています。投薬などの内科的治療はもちろんですが、胃カメラなどの内視鏡や超音波(エコー)を使った検査や治療が消化器内科の大きな特徴です。

 胃がんや大腸がんは早期に発見できれば、開腹手術をせず、内視鏡による治療が可能で、患者様への負担も比較的少なくて済みます。また、肝臓の病気は初期に自覚症状が出にくく、発見には超音波検査が有効です。肝臓のC型慢性肝炎は、進行すると肝硬変や肝細胞がんになる場合がありますが、早期に発見できれば、治療によって防ぐことが期待できます。

 予防とともに早期発見、早期治療に心がけ、健康を守っていきましょう。胃カメラの検査は、心臓や肺の重い病気がなければ、鎮静剤を使って、できるだけ苦痛をやわらげて検査が受けられるようにしています。超音波の検査は苦痛もなくとても安全ですので、年1回の検査をお勧めします。

職名 氏名 卒業年 学会専門医資格等 備考
主任部長 松下雅広
H5

日本消化器病学会専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会専門医・指導医
日本超音波医学会超音波専門医(FJSUM)・指導医(SJSUM)
日本内科学会認定内科医・専門医(FJSIM)
日本肝臓学会肝臓専門医
American College of Physicians Member,Fellow (FACP)
American College of Gastroenterology Member

 

部長 金山広和
H8

 
医長 渡邉晋也
H15

日本内科学会総合内科専門医・認定医
日本消化器病学会認定消化器病専門医
日本消化器内視鏡学会認定消化器内視鏡専門医
日本肝臓学会認定肝臓専門医
rt-PA適正使用講習会受講済 

 
医長 金子淳一
H20

日本内科学会認定内科医

 
医員 長澤真帆 H26

 
非常勤 竹澤英夫
H2

 

 
非常勤 岩崎央彦
H6

 

 



午前1診 松下 渡邉 金山 長澤

金子

午後1診
午前2診 金子 長澤
渡邉 金山
午後2診
午後3診

松下 松下

(1)初診の方は診察前に検尿を取らせて頂きます。
(2)症状により検査をする場合がありますので朝食を食べずにお越しください。なお、起床時お水でしたらコップ一杯飲んで頂いてかまいません。
(3)血圧・心臓・頭の薬を内服されている方は朝お飲みください。
(4)胃瘻交換につきましてはあらかじめ家人により紹介状をご持参受診していただき交換日の予定を決めさせていただきます。



文責 消化器内科
最終更新日 2017-03-31