スマートフォン向けトップページへスマートフォン向けトップページへ


呼吸器内科

呼吸器内科と呼吸器外科が連携を図って診療にあたります。

 呼吸器内科と呼吸器外科が協力して診療にあたっています。肺炎、肺気腫、気管支ぜん息といった内科的疾患のほか、肺がんなど外科的処置が必要な病気も治療します。また、結核病床を併設し、地域の結核治療にあたっています。

 現在、各学会から様々な疾患のガイドラインが発表されていますが、それに従って診療を進めるのはもちろんのこと、個々の患者さん・ご家族の希望や状態・社会的背景を考慮して治療方針を決定しております。また、肺がんの患者さんには生活の質を尊重し、外来化学療法も行っています。

職名 氏名 卒業年 学会専門医資格等 専門・得意分野
主任部長 菅沼秀基 S63

日本内科学会認定内科医
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡指導医
日本呼吸器学会呼吸器専門医・指導医
日本結核病学会所属

呼吸器内科一般
医長 岩嶋大介 H11

日本内科学会総合内科専門医・認定医
日本呼吸器学会呼吸器専門医・指導医
日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医
日本結核病学会結核・抗酸菌症指導医
日本肺癌学会所属
AHA-BLSインストラクター・ファカルティ
AHA-ACLSインストラクター・コースディレクター
AHA-ACLS-EPインストラクター
日本内科学会認定JMECCディレクター
日本救急医学会認定ICLSコースディレクター
日本救急医学会救急科専門医

呼吸器内科一般

医員 陳昊 H24

日本内科学会認定内科医
日本呼吸器学会所属
日本呼吸器内視鏡学会所属 

 

非常勤 山田 孝 S62

日本呼吸器学会指導医
日本結核病学会指導医
日本呼吸器学会専門医
日本内科学会認定医
日本内科学会専門医

 

非常勤 大瀬綾子 H18

 

 







1診 午前(月2回)
非常勤
菅沼 奥田 千葉
2診 小林
岩嶋
小林 岩嶋
3診 岩嶋 千葉 奥田 大瀬
4診 菅沼 大瀬 菅沼 菅沼
午後 手術 気管支鏡 手術 気管支鏡


(呼吸器内科及び呼吸器外科)

■入院患者数


■入院疾患の内訳(重複あり)


■気管支鏡検査



身体所見(一般的診察や聴診・触診など)から始まり、採血・画像検査など必要に応じて追加していきます。検査によっては副作用・合併症の危険を伴う場合もありますので、担当医師・看護師の説明をよくお聞きください。

■気管支鏡検査
 直径約6mmのファイバー(内視鏡)を気管・気管支に通し肺の中を観察する検査です。このファイバーの先端からX線透視ガイドにより肺生検や気管支洗浄を行います。基本的に毎週水曜日と金曜日の午後に行っています。

■CT検査
胸部CT:
 高分解能CT等を併用して肺の病変を観察します。病変やリンパ節を見やすくするために造影剤を用いることもあります。当院では最新鋭の64列マルチスライスCTにより、鮮明かつ高速に多彩な画像を得ることができます。

CTガイド下肺生検:
 肺の病変をCTで見ながら胸壁の外から針にて検体をとり,肺の異常な影の原因について検査します。

■単純X線(レントゲン)検査
胸部X線撮影:
通常のレントゲン写真や断層写真をとります。

■シンチグラフィ(核医学検査)
 各種のアイソトープ(放射線同位元素)を用いた画像診断です。肺梗塞、サルコイドーシスや間質性肺炎の病勢や転移性骨腫瘍の診断を行います。

■その他
胸部MRI: 主に縦隔内の病変の観察に用います。
頭部造影MRI:肺癌などからの転移性脳腫瘍の有無を判定します
喀痰検査:一般細菌,結核菌,肺癌細胞診検出を行います。
ツベルクリン反応:皮下注射により48時間後に判定し、結核菌の感染の有無を判定します。
パルスオキシメーター:動脈血液中の酸素飽和度を痛みなく測定することができます。
肺機能検査:肺活量等を計測し,息切れの原因を検査します。
FENO:気管支喘息の有無及び症状を評価します。
心電図:不整脈がないか、心臓に負担がかかっていないかなどを調べます。入院時に一般的にされることが多いです。
心エコー(心臓超音波検査)
腹部エコー(腹部超音波検査)


文責 呼吸器内科
最終更新日 2017-07-05